産地はどこですか?
有機ケール粉末 主に大分県。天災により他県に変更になる可能性あり。
有機大麦若葉 主に熊本県、大分県。有機の物は数量に限りがあり、
安定供給のため調達状況により、他県の原料を使用する可能性あり。
有機桑葉粉末 主に熊本県、大分県。有機の物は数量に限りがあり、
安定供給のため調達状況により、他県の原料を使用する可能性あり。
無農薬と有機栽培との違いは?
無農薬とは その野菜が栽培期間中に農薬を使わずに栽培。
「栽培期間中」という定義のため、昨年の農薬が土に残っている状態や、
化学肥料が残っている状態でも、今年の野菜を栽培中に農薬を使わずに作れば、
無農薬野菜として売り出されます。
有機栽培とは 農林水産省が認定している「有機JAS」規格において、田んぼや畑に
2年以上前から農薬や化学肥料を使用していない等の様々な条件をクリアしたもの。
現在、認定されている農産物は全体の0.2%と言われています。
製造元はどこですか?
社名 協和薬品株式会社
本社 富山県富山市経力163番地
製造工場 本社(富山県)
設立 1978年(昭和53年)12月16日
資本金 9,980万円

健康食品GMP認定に沿った「品質管理体制」のもと、製造しています。

健康食品GMP認定とは、製品に品質と一定の安全性が確保されていることを示すもの。
製造管理、品質管理、製造設備など全課程において定められた管理水準と手法が
具体的かつ適切に運用されていることを保証しています。
ナノ型ラブレ菌とは?
ラブレ菌とは? 京都のすぐき漬けから発見された植物性乳酸菌のひとつ。
昔から日本人が食べてきた味噌や漬け物などの伝統食品は、植物性乳酸菌の発酵を
利用してつくられた食品です。日本人の腸と非常に相性が良いと言われています。
しかし、近年の食生活の変化により、植物性乳酸菌の摂取量が減少しています。
青汁に配合することで効率的に摂取できます。
ナノ型とは? 乳酸菌を1ミクロン以下に細微化し、菌同士が分散するように加工したもの。
乳酸菌が小腸のパイエル板を通過しやすく、利用率が高まります。
ナノ型ラブレ菌が配合された青汁は他にもあるの?
ナノ型乳酸菌や、植物性乳酸菌、ラブレ菌の配合青汁はありますが、
ナノ型ラブレ菌配合の⻘汁は今のところありません。
フラクトオリゴ糖とは?
野菜などに含まれている難消化性のオリゴ糖です。
砂糖の約半分という低カロリーで、人間の消化液では分解されないため、
生きたまましっかり届きます。また、生きて届いたフラクトオリゴ糖は、
善玉菌の栄養源になるだけでなく、悪玉菌の栄養源になりにくいため
体内のビフィズス菌を効果的に増やすことができます。
有機アガベイヌリンとは?
ネバネバとした食べ物(オクラやなめこ等)に含まれる水溶性食物繊維。
普段の食生活ではなかなか摂りにくいため不足しがちです。
アガベイヌリンは、テキーラの原料植物である「ブルーアガベ」に含まれている
天然の水溶性食物繊維です。水分保持能力が強く、水に溶けると粘度が増すため、
腸を刺激したり、糖の吸収を遅く穏やかにしてくれます。善玉菌のエサにもなり、
有害物質も排除してくれる現代の食生活の強い味方です。
一日の飲む量は?
あくまでもサポートするものですので、お食事の補助として1日1杯を目安にお飲み下さい。
飲む時間帯は?
決まっていません。お好きなタイミングでお飲み下さい。
温めて飲んでも問題はありませんか?
温めたり、粉末の⻘汁をお湯で溶かしたり、またお料理などで熱を加えたりして
お召し上がりいただいても差し支えございません。若干、減少する栄養成分もございますので、
栄養成分をしっかり摂りたい方は、熱を加えずお召し上がりになることをおすすめいたします。

ビタミンCは熱に弱い成分ですので、減少する可能性があります。
作り置きしても大丈夫ですか?
基本的に作り置きはあまりよくありません。ビタミンやミネラルがたっぷり含まれている青汁は
作ってから長時間放置すると大事な栄養素が失われてしまいます。また、封を切ったあとは
できるだけ早くお召し上がりください。
保管方法は?
高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。開封後は冷蔵庫にて保管してください。
1袋あたりのカロリーは?
1袋(3g)あたり11.2㎉です。
薬やサプリメントと一緒に摂っても大丈夫ですか?
医師または薬剤師に相談してください。
(糖尿病のお薬、解熱鎮痛剤、向精神薬を服用している方は控える必要があります。)
食事制限を受けているけど大丈夫ですか?
制限を受けている成分が⻘汁に含まれていたり、何らかの影響を及ぼす可能性がありますので、
かかりつけのお医者様に相談して下さい。
アレルギーがありますが大丈夫ですか?
原材料にアレルギーのある方はおやめ頂き、ご心配のある方はお医者様にご相談ください。
甲状腺に異常がある人が飲んでも大丈夫ですか?
ケールに含まれているイソチオシアネート類は甲状腺ホルモンの合成を阻害してしまいます。
甲状腺機能に異常のある方はケールの⼊った⻘汁は飲まないようにしてください。
ワーファリン(薬)を服用している人が飲んでも大丈夫ですか?
ワーファリンは心臓や血液の病気で、血液が固まりやすい状態になることを防いでくれています。
青汁を飲むことでワーファリンの効き目を打ち消してしまう可能性があるので、控えた方が良いです。
人工透析中に飲んでも大丈夫ですか?
青汁にはカリウムが豊富に含まれるため、腎臓の機能が低下している人は飲むことは出来ません。
妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?
食品ですので、摂取目標量を守っていれば基本的に問題ありません。
ただし、妊娠中はお体の状態が普段と同じではないことや、味の好みが急に変わってしまうなど、
体調によってはお体に合わないことも考えられますのでお勧めははしておりません。
子供やお年寄りが飲んで大丈夫ですか?
野菜を粉末にしたものなので、飲んでも大丈夫です。
ハチミツは⼊っていないので乳幼児でも飲むことが出来ます。
しかし、いきなりだとお腹の調子が悪くなるかも知れませんので
少しずつ飲ませてあげてください。
またアレルギーなども事前にご確認ください。