[Q] 【アルカリイオン水との違い】 電解水素水とアルカリイオン水はどう違うのですか?
[A] 電解水素水はアルカリイオン水の仲間に含まれています。50年以上の歴史を持つアルカリイオン水は、水を直流で電気分解して作る水で、マイナス極に集まったアルカリ性の水が身体に良いとの経験から、アルカリ食品と呼ばれる野菜などのように身体に良いと考えられてきました。ところが九大の白畑教授の水の研究から、実は水素こそが有効成分だと明らかになってきて、水素を効率良く生成する器械として最適化された仕組みを持つ電解水素水整水器が誕生しました。電気分解を行うという仕組みだけを見るととてもよく似ていますが、電極板の洗浄など基礎となる働きの有効性が明らかで無かった分、器械の有効性に差異が表れていると考えられます。還元粋は、WACCシステムやツインセーフティーバルブ、スイッチングレギュレーターシステムなど、水素を安定的に効率良く生成するために最適化された仕組みを備えた新しい世代の電解水素水整水器です。
[Q] 【電解水素水の保存期間と水素量の変化】 ペットボトルに保存していますが水素の量はどの位減るのか、又保存期間について教えて下さい
[A] 一般に利用されているペットボトルは水素や酸素などのガスを通過させますので空気に触れないよう密閉状態で一週間、蓋をあけてからは2日以内の飲用をお願いします。
[Q] 【温度と電解水素水】 お湯を沸かしたり、調理したりする場合、熱を加えますが、水素の量はどの位減るのですか?
[A] フタを閉めて加熱沸騰した場合、60°を超えてくると電解水素水中の水素を運ぶミネラルナノコロイドが互いにくっつきサイズが大きくなることで、細胞内に浸透する能力が若干低下します。料理などで食材を還元する点では問題ありませんのでそのままお使いください。一旦沸騰させてすぐに火を止める程度で約20%程度水素の働きが落ちると言われています。フタがない容器で加熱すると、水素は更に減りやすくなります。
[Q] 【薬を飲む水】 電解水素水で薬を飲んではいけないのですか?
[A] 薬など医薬品は効く強さや時間を水道水又は浄水を前提に計算されており、電解水素水では処方された医師や薬剤師の先生が期待された効果の強さや働く時間が抑えられてしまう可能性があります。医療機器で作った電解水素水は、薬の仲間としての取扱いを受けるため、薬で薬を飲むような事はしないところから、浄水、水道水でお飲みくださいと案内しています。前後30分時間を空けると互いに影響しないと説明されています。
[Q] 【井戸水】 井戸水を使用していますが、電解水素水を飲むことができますか?
[A] 保健所の水質検査が飲用可であれば飲むことができます。検査は個人でお申し込みください。井戸水には砂やシリカ、鉄サビなどの微粒子成分が含まれる場合が多く、一般に還元粋の前に一次フィルターを付けてお使いいただくことをお勧めしています。
[Q] 電解水素水で氷を作る時に注意する事はありますか?
[A] 最近は冷蔵庫には自動製氷機付のものが多いですが、電解水素水はカートリッジで水道水の塩素などを取り除きますので保存には適していません。ですので製氷皿をお使い下さい。
[Q] 他県へ引越しますが、連絡先を教えて頂けますか?
[A] 全国統一フリーコールをご利用下さい。メンテナンス・消耗品の注文【0120-380-413】
[Q] 水を入れ換えないけど、普通のお風呂よりお湯はきれい?
[A] 普通のお風呂では、家族何人もが入浴すると、だんだんお湯が汚れていきます。でも、パスポカEXなら、つねにお湯を浄化し除菌していますので、いつでもきれいなお湯が楽しめます。
[Q] レジオネラ属菌対策は大丈夫?
[A] レジオネラ属菌は、自然界の土壌や淡水中に広く分布する自由生活菌です。感染経路は菌を含んだ微小水粒子や土埃を吸い込むことによると考えられおり、人から人への感染はありません。バスポカEXは、熱洗浄と紫外線殺菌灯+光触媒および塩素系洗浄剤の3つのシステムで細菌類の繁殖を抑制します。熱洗浄では、食品の殺菌にも利用される65度の高温水で30分間装置内のレジオネラ属菌を除菌します。
[Q] どんな浴槽でも使えますか?
[A] ほとんどの浴槽に取り付けられます。ただし、一部の樹脂浴槽で継続的に使用すると、 表面の荒れや変色がおこる場合があります。ご心配の方は浴槽メーカーや販売店にご確認ください。 24時間風呂対応浴槽、ステンレス(カラーは不可)、タイル、天然石、木の浴槽は心配ありません。
[Q] 浴槽が狭くならないのかしら?
[A] 浴槽コーナーのデッドスペースにぴったり収まります。また、水栓カラン等がコーナー部にあり標準取付ができない場合は、 浴槽のスタイルにあわせてさまざまな設置方法がありますのでサービス会社にご相談下さい。
[Q] IHヒーターとの相違点は?
[A] IHは、電磁誘導の原理により鍋そのものを発熱させています。その為熱効率が良いのですが、その反面電磁誘導に感応性がある鉄などに素材が限定され、強い電磁波が発生します。それに対し、ラジエントヒーターは反応性の良いリボン状の発熱体とセラミックにより遠赤外線を発生させています。熱による加熱ですので底が平らな鍋であれば、熱の伝導も良く鍋の素材を選ばない特徴があります。
[Q] どんなお鍋が使えますか?
[A] お鍋の底が平らな物は全て使えます。200Vのビルトイン型では特に火力が強いので、土鍋やアルミ鍋に対しては中火以下での使用をお勧めします。
[Q] トッププレートの強度はどうなっていますか?
[A] 60gの物がのったり、500gの鋼球を落としたり、ロックアイスを加熱面に乗せても割れ・ひびわれはありません。
[Q] ビルトインヒーターの設置について
[A] ヒーターのサイズについてはJIS規格に適合しているので、幅60cmのガス台やシステムキッチンに収まります。システムキッチンの場合は、本体がそのまま収まり、ガス台に設置する場合には、据置枠に収めて設置します。

注意点 ※古いシステムキッチンの中にはメーカーにより適合していないものがあります。疑問がある場合は、メーカーと製品名を教えて下さい。メーカーに確認します。
    ULMINA HENNA よくある質問はこちら